忍者ブログ

安全な海外医薬品をお届け!

ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)


ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)


ロニタブは、ミノキシジルを有効成分とする薄毛治療薬です。

ロニタブの先発品である「ロニテン」は元々、高血圧治療薬として開発されました。臨床試験の段階でロニテンを服用した人に多毛が認められたことから、近年においては発毛・育毛剤としての知名度の方が圧倒的に高くなっているようです。

日本ではミノキシジルは外用剤でのみ、厚労省の許可が下りています。皆さんもよくご存じの、大正製薬の「リアップ」です。海外では「ロゲイン」という名称で販売されています。

外用剤が皮膚からの吸収であるのに対し、ロニタブは全身の血流に乗って頭皮の隅々まで届くため、強力な発毛作用を発揮します。

ミノキシジルは、血管を拡張することより、毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛・育毛を促進します。毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを司る非常に大切な器官です。ここにしっかりと栄養が行き届くことで、健康的な毛髪の育成がしやすくなると言われています。逆に、頭皮部分の血行が悪くなければ、育毛もうまく進まないと考えられています。

また、ミノキシジルは毛根に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛を促します。他にAGA治療薬として有名なフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)とは異なる作用機序をもつため、これらの薬との併用が可能です。

ミノキシジルには発毛・育毛作用があるのに対し、フィナステリドは脱毛抑制薬であり、あくまで発毛・育毛効果はありません。ミノキシジルなどの発毛薬と脱毛抑制薬を併用したほうが効果は高く、脱毛抑制薬は、頭頂部型のAGAの場合はフィナステリド、前頭部型や全頭型のAGAの場合ではデュタステリドが有効なようです。そのためロニタブをフィナステリドやデュタステリド併用することもおすすめです。

AGAは放っておくとどんどん進行するため、早めの治療を心がけましょう。

ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)
PR

コメント

プロフィール

性別:
非公開

P R